2010年9月
« 8月   12月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

カテゴリー

最近のコメント

<!–:en–>Grilled Big Tuna Head<!–:–><!–:ja–>巨大マグロかぶと焼き<!–:–>

先週金曜日に、大変だったWebプロジェクトの完了祝いと「最近仕事が増えてきているね」って言うお祝いを兼ねてオフィスの近くの料理屋さんで打ち上げをしました。

で、そこであらかじめ予約しておいたのが、5,6人前の巨大マグロのかぶと焼き

5人で食べましたが、食べきれず結構残してしまいました。。

味はおいしかったです:-)

お店のおかみさんいわく、「今日は特に大きいの仕入れといたから」だそうですが、10人前でもよいかと。。^^;)

ちなみにここは、「ワニのみそ焼き」とか「ダチョウのステーキ」とか珍しい料理があってまたゆっくり来たいです。

(あと、なぜかおかみさんがいろんな有名人と写っている写真がある)



<!–:en–>Software i18n tool World wide Navi 1.6 the latest build out!<!–:–><!–:ja–>ソフトウェア国際化ツール World Wide Navi 1.6 最新ビルド公開!<!–:–>

ソフトウェア国際化ツール World wide Navi 1.6 最新ビルドが出ました!

http://www.kokusaika.jp/product/wwnavi/download.html

これが1.6の最終ビルドで、次は1.7に進みます!

1.6 はたくさんの機能追加をしたのでビルドIDが増えました。。^^;

1.7 はコードアシスト機能、コメント翻訳、サポートプログラミング言語の追加などを予定しています。

今年の初めに作ったロードマップからは遅れ気味。。。

頑張らねば!

そして、フォーラムもリニューアルし、誰でもユーザー登録ができるようにし、開発中のChangeLogやTIPS&HOWTOなどを追加しました。

ぜひご参加ください!

http://forum.kokusaika.jp/wwnavi/viewforum.php?f=13



<!–:en–>A little tips for Perl, PHP, JavaScript<!–:–><!–:ja–>Perl, PHP, JavaScriptのちょっとしたTIPS<!–:–>

最近、久々にPerl、PHP、JavaScript、ちょっとだけはまったところのメモ。

意外と下記に言及されているサイトが少なかったんで。

Perl

文字列を区切り文字で分割して配列で受け取る場合について。

@data = split(/\t/ ,$line);

などは、空文字が途中にある場合、空文字以降捨てられてしまいます。

(無視されて切り詰められるのかと思いきや切捨てられるとは。)

最後の引数に-1をつければいいとサイトには書いてありますが、

@data = split(/\t/, $line, -1);

でもダメです。

@data = split(“\t”, $line, -1);

のように正規表現の所を文字列に変えると空文字も配列の1要素として格納されます。

TSVデータを外部から受け取って処理する場合など、配列の全要素の位置が固定のほうがいい場合は上記のコードがおすすめです。

PHP

クッキーの書き込みのタイミング。

setcookieでクッキーを書く場合、HTMLをoutputする前に書かないと書き込まれません。

(クッキーはヘッダー情報なので当然と言えば当然ですが。)

PHPと言うよりHTMLを直接書けるSCRIPT言語共通の仕様だと思います。

処理のあとに、一度にHTMLを吐きだすようなコードだとあまり関係ありませんが、

<%や<?phpなどでHTMLとロジックが混在していて、かつそれが他人のコードだったりすると、

「あれ?クッキー書かれてない。->ブラウザの問題?->セキュリティ設定?」などとあらぬ方向へ迷いこんでしまうこともあります。(ぼくみたいなおっちょこちょい君は特に)

JavaScript

画面表示時にウインドウを最大化する。

<script type=”text/javascript”>

<!–

window.resizeTo(screen.availWidth, screen.availHeight);

window.moveTo(0,0);

//–>

</script>

でウインドウを最大化(正確に言うと、スクリーンとほぼ同じサイズ)出来ますが、このままだとIEでは最大化されません。

IEにも対応させるには、

<script type=”text/javascript”>

<!–

window.moveTo(0,0);

window.resizeTo(screen.availWidth, screen.availHeight);

//–>

</script>

です。

ちなみに、moveToがなくてもダメ。理由は、IEの場合、resizeToが実行されるときに画面からはみ出るように大きくしてくれないから。つまり最初に中央に移動して、延ばせる領域を作ってから拡大するということです。