2020年11月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

カテゴリー

最近のコメント

    <!–:ja–>PHP国際化プログラミング – マルチバイト、ロケール、書式、タイムゾーン<!–:–><!–:en–>PHP Internationalization Programming – Multi-Byte, Locale, Format, and Time Zone<!–:–>

    ソフトウェア国際化ツールWorld Wide Navi(ワールドワイドナビ)の国際化プログラミング参考情報から、PHPの国際化の抜粋です。

    1. マルチバイト
    文字日本語のようなマルチバイト文字を扱うためには、mbstringモジュールをWebサーバーにインストールする必要があります。
    mb_***()関数はマルチバイト文字の操作を提供し、いくつかのmb_を持たない関数は正しくマルチバイト文字を処理できないため、mb_***()関数に置き換える必要があります。

    主な重要関数は以下となります。

    ===
    主なマルチバイト関数の変換
    === (非推称 -> 推称)
    
    mail() -> mb_send_mail()
    
    strlen() -> mb_strlen()
    strpos() -> mb_strpos()
    strrpos() -> mb_strrpos()
    substr() -> mb_substr()
    str_replace() -> mb_ereg_replace()
    strstr() -> mb_strstr()
    strtolower() -> mb_strtolower()
    strtoupper() -> mb_strtoupper() 
    
    ereg() -> mb_ereg()
    または preg_match()
    eregi() -> mb_eregi()
    または "i"を使った preg_match()
    ereg_replace() -> mb_ereg_replace()
    または preg_replace()
    eregi_replace() -> mb_eregi_replace()
    または "i"を使った preg_replace()
    split() -> mb_split() または preg_split()
    
    全てのマルチバイト関数については、
    PHPマニュアル -
    マルチバイト文字列 関数を参照してください。
    
    全ての非推称の関数については、
    PHPマニュアル -
    PHP 5.3.x で推奨されない機能
    を参照してください。

    * mbstring.func_overloadビットフラグを使うことで、非推称の関数のいくつかをオーバーロードされたマルチバイト関数として使用できます。
    PHPマニュアル – 関数のオーバーロード機能を参照してください。

    2. ユーザーロケールの設定
    ユーザーロケール(ユーザーの言語と地域)を日付操作や文化依存の書式(日付、通貨…)に適用させるには、setlocale関数を呼ぶ必要があります。

    $locale = "en_US.UTF-8" or "ja_JP.UTF-8"...
    これらはHTTPヘッダー(Accept-Language)、
    もしくは保存されたアカウント情報から取得する
    必要があります。
    
    setlocale(LC_ALL, $locale);
    ... 全てのロケール対応関数用
    例) gettextリソースの切り替え
    
    setlocale(LC_TIME, $locale);
    ... 日付のローけー屡対応関数用
    例) 日付関数の書式の切り替え

    3. ユーザー文化に基づくフォーマット
    ロケール対応関数はsetlocale関数によってフォーマット(書式)を切り替えることができます。

    setlocale(LC_TIME, "en_US.UTF-8");
    strftime("%c");
    ... "Mon 01 Jan 2012..."を返します。
    (英語書式)
    
    setlocale(LC_TIME, "ja_JP.UTF-8");
    strftime("%c");
    ... "2012年1月1日..."を返します。
    (日本語書式)
    
    *"%c"は、ロケール対応書式のパターンです。

    4. サーバーとユーザー間の時間の変換
    多言語でグローバル化されたwebサービスで時間を処理するには、GMT/UTCを使うことが推称されます。 date_default_timezone_setを使うことで、全てのユーザー活動を共通時間で管理し、各ユーザーのタイムゾーンに変換することができます。GMT/UTCの処理については、国際化プログラミング- サーバーサイドプログラミングを参照してください。

    $timestamp = strtotime(gmdate("Y-m-d H:i:s"));
     ... GMT/UTC タイムスタンプ
    
    date_default_timezone_set("Asia/Tokyo");
    ... 日本のタイムゾーンを設定
    strftime("%c", $timestamp);
    ... 日本の現地時間を返す
    
    date_default_timezone_set("America/Los_Angeles");
    ... アメリカのタイムゾーンを設定
    strftime("%c", $timestamp);
    ... アメリカの現地時間を返す

    * ユーザーのタイムゾーンはユーザーアカウント情報から取得すべきです。ログインしていないユーザーについては、アクセスIPのエリアか、ユーザーのWebブラウザのJavaScriptで知ることができます。
    JavaScriptでのタイムゾーンの取得については、国際化プログラミング- ロケール、書式、タイムゾーン (JavaScriptの章)を参照してください。



    <!–:ja–>JSONによるJavaScriptの国際化(文字列切り替え)<!–:–><!–:en–>JavaScript Internationalization with JSON<!–:–>

    以前、JavaScript国際化プログラミング で、jQueryを使った、Javaプロパティファイルによる国際化(文字列切り替え)、および他の国際化ライブラリ(Glob(jquery-global)など)について書きましたが、今回は、jQueryを使わず、Pure Java JSONによる文字列切り替えについて書こうと思います。

    オリジナルコンテンツは、ソフトウェア国際化ツールWorld Wide Navi付属の、国際化プログラミングの章になりますので、そちらも参照してください。

    1.リソースファイルの作成

    JSファイル内の埋めこみ文字列をJSONファイルに外部化します。

    sample_1.js
    
    var msg1 = "msg1:";
    ->var msg1 = wwnRs.sample1_1(*1);
    function msgA() {
     alert(msg1 "Hello, this is a sample1 text.");
     ->alert(msg1 wwnRs.sample1_2(*1));
    }
    
    ../wwnaviRs/wwnaviBundle.json
    
    {
    "sample1_1" : "msg1:",(*2)
    "sample1_2" : "Hello, this is a sample1 text."(*2)
    }

    *1) wwn.sample1_1 = JSON変数.JSONキー
    *2) “sample1_1″ : “msg1″ = “JSONキー” : “JSON値”
    最後の”,”は削除する必要があります。削除しない場合、IEは正しくJSONを解析できません。

    2.JSONのロード処理を他のJSファイルに作成

    文字列をJSONに外部化した後、それらをユーザーロケール(ブラウザの言語設定)に適した形で、上記の変数にロードする処理を書く必要があります。 処理は、はじめに呼ばれる1つのJSファイル(この章では”wwnaviJs.json.js”と呼びます)にまとめて、HTMLヘッダーで読み込むことがのぞましいです。

    HTMLヘッダー

    <head>
    ...
    <script src="wwnaviRs/wwnaviJs.json.js"
     type="text/javascript">
    </script>
    <script src="sample_1.js" type="text/javascript">
    </script>
    ...

    wwnaviJs.json.js (初期化コード)

    // 通常のAjax HTTPリクエスト関数
    function wwnaviHttpRequest(){
     if(window.ActiveXObject){
     try{
     return new ActiveXObject(
     "Msxml2.XMLHTTP");
     }catch(e){
     try {
     return new ActiveXObject(
     "Microsoft.XMLHTTP");
     }catch(e2){
     return null;
     }
     }
     }else if(window.XMLHttpRequest){
     return new XMLHttpRequest();
     }else{
     return null;
     }
    }
    
    // 「同期」処理でのAjaxによるファイル読み込み関数
    // 通常のAjax通信は「非同期」ですが、
    // それではファイル読み込みが完了するまで待機できないので、
    // 「同期」方法を採用しています。
    function wwnaviLoadJs(url){
     htoj = wwnaviHttpRequest();
     htoj.open("GET", url, false);
     htoj.send(null);
     return htoj.responseText;
    }
    
    // JSON変数(「wwnRs」は、sample_1.jsと同じである必要あり)
    // の初期化
    var wwnRs = eval("({"_rslang":""})");
    
    // HTTPサーバーアクセスを通じてユーザーロケールを
    // 取得するためのコールバック関数 (JSONP)
    // (最後の行参照)
    function wwnParseLang(json) {
    
      // 言語と国コード(例:en-us)を取得するための
     // HTTPヘッダー
     var l = ""; if(json["Accept-Language"]
     != undefined)
     l = json["Accept-Language"];
     if(l.indexOf(",") >=0) l = l.substring(0,
     l.indexOf(","));
    
     // マスターのJSONリソース(ロケールなしのもの)を、
     // JSON変数へ読み込む (同期Ajax).
     wwnRs = eval("("
     wwnaviLoadJs("wwnaviRs/wwnaviBundle.json") ")");
     wwnRs._rslang="default"; 
    
     try {
     // ユーザーロケール(変数"l")のJSONリソースを、
     // JSON変数に読み込む (同期Ajax).
     wwnRs = eval("("
     wwnaviLoadJs("wwnaviRs/" l
      "/wwnaviBundle.json") ")");
     wwnRs._rslang=l; 
     // 使用されたリソースのロケールコードを設定
     }catch(e){
     // エラー(ユーザーロケールのリソースが見つからない)
     // 場合、マスターを使用
     }
    
     wwnRs._ulang=l; 
     // 検出したユーザーロケールを設定
    
    }
    
    // ユーザーロケールを取得するために、
    // jQuery browser languageライブラリ(*)の
    // JSONP APIを使用していますが、
    // 他のものを使うことも可能です。
    document.write(
    "<script
    src="http://ajaxhttpheaders2.appspot.com/
    ?callback=wwnParseLang"
    type="text/javascript"></script>"
    );

    *)jQuery browser languageライブラリについては、
    GitHubを参照してください。

    3.JSONファイルの配置

    マスターJSONファイル(ステップ1の”wwnaviRs/wwnaviBundle.json“)と翻訳(ローカライズ)されたファイルを、上記の初期化コードに従い、ロケールのディレクトリに配置します。

    ローカライズされたリソース =
     wwnaviRs(リソースパス)/ユーザーロケール/
       wwnaviBundle(リソース名).json

    ローカライズされたリソースを追加するだけで、JavaAScriptメッセージをユーザーの言語設定に基づいて切り替えられます。

    ../wwnaviRs/wwnaviBundle.json ... 英語 (デフォルト)
    ../wwnaviRs/ja/wwnaviBundle.json ... 日本語
    ../wwnaviRs/ko/wwnaviBundle.json ... 韓国語

    これらの処理は、World Wide Navi内のJavaScriptの文字列外部化のサンプルで確認できます。