2017年2月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

カテゴリー

最近のコメント

<!–:en–>Product Line Engineering and Internationalization<!–:–><!–:ja–>プロダクトライン開発と国際化<!–:–>

情報処理学会の会誌「情報処理」4月号の特集で、ソフトウェアプロダクトライン開発を取り上げていた。プロダクトラインという言葉は、外資系企業で製品開発に携わっているとたびたび耳にするものだが、学問の専門領域として確立されているということは知らなかった。

特集の記事を読んでいてソフトウェアの国際化開発の考え方とほぼ同じであると思った。特集記事の中には国際化についての記述は見られなかったが、ソフトウェアを再利用することによってさらにマーケットを拡大するという発想は、今後益々重要になってくると思う。

さっそく、ネット検索してみると Carnegie Mellon University(CMU) の が公開している に以下の記述を見つけた。

Does the software product line approach work in a globalization environment?

Globalization has two meanings. The first, also called internationalization or localization, refers to making a software product or software-intensive system work correctly around the world. You can easily see that the software product line approach applies straightforwardly in this case. Different locale requirements correspond directly to product line variation points, and, in fact, a scoping exercise and a product line perspective on requirements can greatly help in identifying those variations. Identifying variations can result in each member of the family being as lean as casino online possible and perhaps letting developers concentrate more on global features as well as locale-specific features.

The second meaning of globalization involves separate development groups located around the world cooperating productively and correctly to build software. In this context, the question above asks whether product lines can be developed globally. They can. It is necessary to lay some groundwork before effective distributed development can occur, and product lines are not immune from this need. For example, it is very useful to first establish such things as a common development environment, a common configuration management system, and a minimum set of common processes (or at least crisp process interface points), so the exchange of information and artifacts can flow smoothly across site boundaries. Just as in global development for single systems, architecture plays a central role. It crisply defines the work assignments and responsibility boundaries, in the system but also among the development parties. In a product line situation, the responsibilities will include the design and development of variation mechanisms for core assets.

まさしく straightforward、 そのままソフトウェア国際化の開発に適用できる、と言うか、基本的な考え方は同じである。

プロダクトライン開発は、組み込みソフトウェアの分野で注目されているようであるが、これからの時代、グローバルな視点を忘れてはいけない。まず、日本を中心に考えていると失敗すると思っていた方がよい。日本は特殊なマーケットである。日本人が望むような高価格高機能の製品は、外国では一部の高所得層にしか売れないのである。

最近自宅で冷蔵庫を買い換えた。前の冷蔵庫もずいぶん長く使っていたので、いろいろと機能やら入れる場所やら変わっている。今や省エネ対応も必須である。日本人だから、こっちのメーカーのここが違うとか細かいところまで比較して、価格もチラシやらネットの情報やら比較して少しでも安いところで買おうとするわけだが、日本以外でどうなんだろうと考えるとちょっと心配になる。まずもって、価格でアウト、なんじゃないかな。ちゃんと海外でもビジネスできているんだろうか?日本の会社が生き残ってくれないと、高機能の製品を細かく比較して購入するという楽しみはなくなってしまう。

製造コストの削減も行くところまで行っているはず。ここは、もう、マーケットの再定義しかないでしょう。それに合わせてプロダクトラインも考え、最適な形でそれぞれのマーケットに商品が投入できる仕組み、それが求められているのではないだろうか?グローバル化とは違う、それぞれのローカルマーケットを尊重した国際化、それが求められてきていると思う。