2017年4月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

カテゴリー

最近のコメント

<!–:en–>Little toy in our website<!–:–><!–:ja–>ウェブサイトの小さなおもちゃ<!–:–>

なんか小説かエッセイのような見出しですが、実は我々のサイトのトップ画像(世界地図+メッセージ)の右上に最近小さなアイコンをつけました。

toys

世界の時間、世界の天気、世界の為替を表示するアイコンです。

押すとこんな感じ。

online casino title=”toy2″ src=”http://blog.kokusaika.jp/wp-content/uploads/2009/04/toy2-300×54.gif” alt=”toy2″ width=”300″ height=”54″ />

特に深い目的はなく、サイトを訪れてくれた人の遊び心をくすぐる裏メニューというかんじで作りました。

ファミコン世代としては、こういう昔のシューティングゲームの無敵コマンドみたいな隠し機能は大好きです。

(ゼビウスもう一回やりたいな)

あくまでおまけですので、サマータイムは考慮していませんし、天気の厳密さ、為替のリアルタイムさなどはあいまいです。

ブログ構築にあたっていくつか似たような機能のブログパーツを探しましたが、昔、JavaScriptに対して「脇役」というか「補助的」なイメージを持っていた私にとっては(つまりスキルセットとしてはJavaプログラマーのおまけみたいなもの)、最近のAjaxアプリの流行は全く予想外でした。

(そのころ、WEBアプリはどんどんサーバー志向に行くと思っていたので)

ちなみに、Ajaxっていう言葉を使うことにためらいがあるのは私だけでしょうか?

(いわゆるバズワードのように感じてしまうのですが。。)

だって結局実装言語としてはJavaScriptなわけだし、場合によってはFlashまで含めて言っているような場合もあるし。

(実際ブログパーツにせよ今のWEBコンポーネント開発にFlashは欠かせないんで、スキルとしてはほとんどAjaxとセットな気がします)

あと、数々のJavascriptのAPI(JQueryprotptype.jsとか…)を使ったコードを示してる場合も。

まあどれもJavascript XML NetWorkといったキーワードからはそれていないんで間違いではないんでしょうが。(Flashは違うか)

たとえば、最近の新人、または転職、派遣などのエンジニアの人の経歴書、もしくは求人サイトなどで「Ajax」って言葉使うんですかね?

例えば、今回私が作ったおもゃも技術の内容では「Ajax」と呼べると思うけど、かなり高機能なクライアントコンポーネントとは大分中身に差があるような。。。

確かに「C書けます」と言って、printfのみのプログラム書いても間違いじゃないけど、普通そんな人いません。

なんとなくAjaxってスキル的にみると「いったい何ができるのか」があいまいというか、もし面接とかで「Ajaxできます!」とか言われたら絶対「具体的に何ができるの?」と聞き返したくなります。。

てなわけで、なぜか途中からAjaxという「言葉」の批判(やってることは批判していません)になってしまいましたが、かく言う私もイメージしやすい理由でたまに使うので(プロフィールにも書いてるし)、結論から言うと、

「Ajax」はスキルと産物のイメージを与える言葉

ってとこでしょうか?

なんか、しまりのない話になってしまいましたが。

(でも絶対、「Ajax言語」って勘違いする人がいそうな気がするのは否めない…)