2020年9月
« 10月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

カテゴリー

最近のコメント

    <!–:ja–>WordPressモバイルプラグイン「WPtap」<!–:–><!–:en–>WordPress Mobile Plugin 'WPtap'<!–:–>

    以前、当ブログのモバイル対応時の問題点について書きましたが、共有ボタンやテンプレートの充実にために別のモバイル用プラグインを使うことにしました。

    それで見つけたのが、このWPtap News Press

    それほど知名度があるわけではないようですが、カスタマイズなど含め結構使えるプラグインです。

    AddThis プラグインとの相性もいいので、モバイル版にも共有ボタンを貼れます。

    ヘッダーのブックボタンを押すと、自分のTwitterやFacebookページのアイコンも出てくるので、

    PC スマートフォンでビジネスブログを展開したい人にはお勧めかと思います。

    当ブログは、テーマに少し手を入れて、会社HPのバナーと言語切り替えメニュー(qtranslateの関数)

    も入れました。

    但し、やはり上記記事で書いたように、デフォルトで日本語の日付が文字化けする。:-(

    以前は、テーマのソースを書き換えたのですが、どうやらテーマが原因ではなく、qtranslateのバグだったようです。

    以下の記事を参考にさせていただきました。

    http://formula1.gimlet301515.com/WordPress/?p=407

    .moとかいじるのが面倒くさったので、とりあえず言語の書式設定をyyyy.mm.dd形式にして、カレンダーアイコンの部分だけ、テーマのソースを修正(フォーマット文字列を変えただけですが)して対応。

    それにしても、やはりオープンソースの世界になると、まだまだこういった、ローケルや文字コードに依存する問題があるものですね。

    (そういったバグを調べてちゃんと動くようにするのもそれはそれで楽しいですが)



    <!–:en–>Date Format of WordPress Template<!–:–><!–:ja–>WordPressテンプレートの日付書式の変更<!–:–>

    先日、Carrington Mobileというテンプレートを使って、当サイトをモバイル対応しました。

    スマートフォンでもきれいに表示されてなかなか優れものですが、1点難点が。

    記事の日付がことごとく文字化け、または表示されない

    原因は、テンプレートのコメントの日付、時間のフォーマット処理がうまく働いていない。

    該当箇所を見つけ出し、とりあえず固定のyyyy.mm.dd形式にして解決。

    ちなみに、当サイトのPC版テンプレートAtahualpaでも同様の現象が起こります。

    該当箇所の見つけ方としては、ベタですが、

    themes/… 以下の該当テンプレートディレクトリを”date(”などでgrepする。

    見つかったPHPのget_comment_dateやcomment_datedateなどを呼び出し箇所を探して以下のように直す。

    <p>by <cite><?php comment_author_link() ?></cite> on <a href=”#comment-<?php comment_ID() ?>” title=”"><?php comment_date(“Y.m.d “) ?> <?php comment_time(“H:i:s“) ?></a> <?php edit_comment_link(“e”,”",”"); ?></small></p>

    ここに別の書式文字が指定されていたり、引数なしの場合、うまく表示されないことが多いです。

    ※但し、これらの関数の挙動はホスティングしているサーバーのPHPの設定やロケールで変わるので、一概にそうとは言えない。

    該当ファイルは、Atahualpaの場合、

    bfa_custom_comments.php

    ※ちなみに、このファイルが関係するのはコメントの日付。記事の日付などは、Atahualpaのテーマオプション画面で変更できます。(�te()% の部分を�te(“Y.m.d H:i:s”)%などに変える。)

    <?php printf(__(“%1$s  “at”を削る %2$s”,”atahualpa”), get_comment_date(__(“Y.m.d“,”atahualpa”)),  get_comment_time(__(“H:i:s“,”atahualpa”))) ?>

    Carrington Mobileの場合は、

    comment-default.php

    など数ファイルです。

    PHPの書式フォーマットについては、こちら

    本当は、タイムゾーンをUTCで管理して、アクセス元のIPなどで国判別して、時差計算して表示するとかしたいんだけど(せっかく多言語ブログなので)、そういったプラグインないかな?

    Atahualpaの日付バグについては、こちらの記事も参照してみてください。



    &amp;amp;lt;!–:en–&amp;amp;gt;Caution of WordPress template update!&amp;amp;lt;!–:–&amp;amp;gt;&amp;amp;lt;!–:ja–&amp;amp;gt;WordPressテンプレートアップデートに注意!&amp;amp;lt;!–:–&amp;amp;gt;

    昨日、このブログのwordpress本体、プラグイン、テンプレートを全て最新にしました。

    忙しかったこともあり、えいやでバックアップなしで自動更新。

    そんなにたくさんプラグインも入れてないし、案の定、特に動作上も問題なし。

    SEOパックとかなにが変わっているのかわからないけどとりあえずEnabledに。

    ただし、テンプレートのHTMLの直接いじった部分が置き換わっていて、泣く泣く修正。^^;)

    (少なくてよかった)

    と、ここまでは想定内でしたが、その日の夜にあることに気づいて愕然。

    「Google AnalythicsとWebmaster best online casino Toolのタグとスクリプトも消えてるやんけ!」

    今日、あわてて管理画面からコピーして戻しました。

    (ちなみに、Webmaster Toolはメタタグを使っていますが、そのテキストがどこにも見当たらない。Analythicsのほうはスクリプトが残ってますが。まあ、全部固定のタグらしいので他のドメインのをコピーしました)

    削除されても管理画面上は特にエラーなど表示されないのでへたをするとそのまま忘れていた可能性も。。

    というわけで、テンプレートはやっぱりバックアップ取ってからにしましょうという備忘録。

    でも、わがままをいうと、wordpressの管理画面にバックアップボタンとかつけてほしいです。

    (特にテンプレート更新には)

    更新後のディレクトリを見ると、全消し、全上書きのようで、自前の画像なども消されるみたい。

    そもそもテンプレートはupdate自体しないほうがいいかな。